いくら学問を美徳化しようが学生やよもや教員ですらデタラメな嘘ばかりを授受している始末なのが現状だし,てんで文字通り「勉強だけができる人間」に全く寛容でない。そういう精神性がどこ見渡しても有意には浸透していない,わかっているといえばせいぜい学部長やカウンセラーくらい。

 

いくら空間を歪めても俺が2011年に戻ることはできないことそれだけが絶望

学生自治をダシにして国政に言及するセクト,それを悦んで見てはその脇の「おもろい」学生を肖像権度返しに撮ってツイッターにあげて騒ぐ限り一切の進展を見せぬモブ,日和見主義な大学当局,ろくに勉強もできないくせに態度だけは一人前な成人済みの大学生,その全てが憎い。潰れろ。

研究科以外のお子様部屋全部潰してくれ。

あいつらのせいで要らんカネが溶けて仕方がない。

どう考えても自分だけ大気汚染が進行し人の顔をしたゲロ汚物が魂のステージダウンという毒を売って渡る2080年代に生きていて,決して窓の一つも開けることができぬと,そういう恐ろしい世界観が出来上がっていると気づいた時,もう二度と外界と接触しないという究極の取り返しのつかぬ選択の他にする余地というものが無くなっていたという話。

壺がちょうど蓋をできる程度だったから彼らは蓋をしたんだ。蓋をした罪は大きい。それはその壺にむしろ吸い込まれた愚者よりも遙かに恐ろしく,そして淫らだ。

一定以下の層には男性中心社会における未解明の論理や文法があって、それは極めて不愉快なもので今すぐ排斥しなければならないのだが、それを行わんと欲せば目の色を変えて露骨な暴力を図らんとする、却ってその糾弾と弾圧せんとする。本当に無理だ。たとえ大学や国家であろうとこれだから許されない。つまり,彼らはあくまで見えるはずのなかった少数の圧迫に見事なまでに成功してきた。それを揺るがすことはできない。天はこの一切を無視し続けてきたのである。死ねと言わずともこいつを捻り潰せばいいだけなのだ。集団的いじめなどという言葉はありえない。何故ならその全てを包摂し圧迫し続けていたから。

全くもって無理だ。将来性ない上にその危機感も全くないような学生が跋扈してつまらんことばかりしてるせいでただただ消耗する。

探し物

死ぬ方法を探しています。

病院行っても死ぬ方法を教えてくれなかった。製薬会社が人間を元来の寿命の二倍伸ばす薬を調合しているらしい。教えればその陰謀の西洋医学は崩壊してしまう。

仕方ないので自分で考える。死は自分しかできない最大のクリエイティヴな行為だ。起こせば誰も届かないところに手を及ばすことができる。おれは世界一のクリエイターになるんだ。絶対にだ。俺は天賦を被った唯一の人間だ。